今日は新潟テルサで宅建協会の研修会がありました

IMG_1500


主に今年3月ごろに提出される民法改正案をもとに

改正されたら不動産取引はどう変わるのか、というお話でした



それと危険ドラッグについての説明が県職員の方からあり

危険ドラッグの販売店舗を提供したりしないように

見つけたら報告するように などの協定書が結ばれたことの報告がありました

年々、新潟でも増えているようで

平成26年は前年の倍になっているので 問題視されています

新潟県として条例を強化するとのことでした



民法改正についてはなかなかヘビーな内容でしたが

法案自体は今年の7月くらいに通過し

施工はそれでも3年後くらいになるかもしれない、ということでした


「なーんだ!まだ3年もある」

とか一瞬思いましたが、どうやら話を聞いていると

「3年で準備が整うのか・・・」

という気にもなるくらい、結構な変化があると思いました




日本の法律はいわゆるローマ法=大陸法というものが根幹にあるのですが

国際社会は英米法が主流になっているため

日本が国際社会と渡り合っていくためにも

英米法がベースになっていくという大きな転換点になるかもしれません

日本の文化でもある「みんなで均衡をホンワカ保とう」みたいな

「一般常識で察しましょう」みたいな

それを改正しよう、というのですから

とても大きいと思います


アメリカのような訴訟国家になってしまうかも



200条以上が改正されるので

水面下での準備がとっても大変なことになります




今年4月から「宅地建物取引士」に名称変更になりますが

士業になる以上 法改正は熟知しなければならないし

勉強しないと取り残されちゃいますね・・・



気合、入れなおします!


本日はこの辺で~φ(.. )