今更感たっぷりで恐縮ですが

金持ちになるためのバイブル(?)的なビジネス書

「金持ち父さん 貧乏父さん」を読んでみました


金持ち父さん貧乏父さん
ロバート キヨサキ
筑摩書房
2000-11-09



著者が幼少期に出会った二人のお父さん

一人は実父(こっちが貧乏父さん)、もう一人が友達のお父さん(金持ち父さん)

から学んだお金についての実用書といったところです

実父は公務員、友達のお父さんは実業家です

公務員のほうが”貧乏父さん”であるのがミソですね~



全世界で3000万部?日本でも300万部?それくらい読まれている本ですので

さすが内容盛りだくさんでした



不動産についての話が大変多く書かれているので

著者は不動産業者では全くないのですが

業者には耳の痛い話もありましたし、なるほどという方策もありました



著者が強く名言しているのですが

本物の金持ちは知っているのだそうです↓

『利益は売るときに出るものではない。買うときに得るものだ。』




”安く買って高く売る”という図式には変わりないのですが

ココを勘違いして不動産や株などの資産を購入すると一生中途半端な貧乏だよ~ということでした

先を見通す力を養うのは当たり前ですが

それ以外にもやり方ひとつで大きな利益のスパイラルを生むことができるのです
(簡潔に説明できないので詳しくは読んでください(笑))


また「マイホームは資産ではない」とも明言しています

車が買った時よりも価値がつくことはほぼないのと同じように

マイホームを持ったその土地や建物のために多額のローンを一生背負うのは

大きな勘違いだと明言しています


お金を銀行から借りずに、貯金ゼロで土地を購入するという

若干胡散臭い風に見える方法ですが…

これはこれで法違反でもないし、賢いやり方なのだなと率直に思いました




何度か読み直してみないと実践できないような気もしますが

とても参考になりました



ある程度有名な本はさっさと読んでしまわないと、ですね(-_-;)




本日はこの辺で~φ(.. )