賃貸物件(アパートやマンション)の案内というのは

ぶっちゃけた話、誰でもできます(笑)

売買と違って資格(宅建)がなくともできる、という意味です

もちろん、重要事項の説明には取引主任者の説明が必要だったりしますが


【賃貸物件の流れ】
・お客様向けに物件をセレクト

・内覧、手配

・申込書、契約の手配

・代金の授受、引き渡し


結局のところ一番最初の「物件セレクト」が一番肝なんだと感じます

当社のような小さな会社ですと

「大手の会社の方が物件の種類がいっぱいあるのでは?」

と思う方が多いようですが

それは「ノー」です


不動産業者はお互いにwin winの関係になっています

いわゆるお互い代理店契約をしているようなものです


A社のアパートに、B社紹介のお客様が入居したら

A社もB社も報酬がもらえるからです



業者(大家さんも)はみな空室はイヤです

もちろん同じエリアに似たような物件はあるものですから

そこはライバルになりかねないですけれど

他社が決めようが何しようが 空室が埋まるのが何よりうれしいのです





少なくとも当社のスタッフはみな、

「他の業者の物件だから、あまりお客さんにオススメしないでおこう」

なんて考えはありません(笑)

だって空室がイヤな業者さんの気持ちもわかるし

ちゃんとお金をいただいてお仕事をしていますし

そりゃ多少、自社の物件を優先したりしますが

それは気に入ればいいですし、ね



では、誰でもできる賃貸の仲介(←乱暴な言い方で失礼)をどこに頼むべきか?

というと

それは「自分のことをよくわかってくれて、一生懸命探してくれる人」に頼む

ということに尽きるのではないかと思います


大手であろうが、そうでなかろうが

賃貸物件は星の数ほどあって、そのうちどれをお客さんに紹介するかというのは

完全にその「担当の人のセンス」にかかっています

だって手持ちのカードはみな、ほぼ同じなのですから

その使い方、つまり

・紹介する物件の選択

・内覧の対応の良しあし

・説明の良しあし

・タイミング、縁

・コミュニケーション力

・説明力、営業力etc...

など個人のポテンシャルによる部分が大きいのだと感じています



そういった意味では大手は独自の接客マニュアルなどがあるかもしれないですし

清潔感や接客については確かに優れている部分もあるかもしれません



「一生懸命にさがしてくれる」というのは大きい要素です

友達、家族、知り合いなどなど


「あ~、あいつはこういうの好みだな」とか

「子供が小さいならこっちの方がいいんじゃない?」とか

なかなか初対面では聞き出せない部分でもわかっているので

調べやすかったり 自分に合った物件を見つけてくれたりしてくれるものです




意外と知られていないんですよね~

仮にエイ●ルだったらそこのチェーン店でしか探せないと思っている人も多いのではないでしょうか?

そんなことないんですよ!!



本日はこの辺で~φ(.. )