NEXT21が建った時は

ワタクシもまだ小学生で 通学路の通り道でもあったので

今までにない高い建物が建って すごくキラキラしていて 

すごいな~!と思った記憶があります

あの、らせん式のエスカレーターとか 当時はかなり斬新で(今も新潟にはない?)

地下の小さいエスカレーター近くには 噴水みたいなのがあったりして

まるで都会の高級ホテルのような感じで

新潟もオシャレシティ(笑)にどんどんなっていくのかな~と

幼いながらに期待したものです




その当時からテナントとして入居していた「ラフォーレ原宿」が

2016年1月には新潟から撤退、という正式発表がおとといありました

以降は飲食などをメインとして地域密着?でスペースを埋めていく予定らしいですが

どこまでメドがたっているのやら・・・

業績悪化が原因なのですから 次のテナントがすぐ決まるとも思えませんが

ともかく残念なお話です



現在 約140人が雇用されているようです

転職先あるいは同じアパレルショップで新潟から出て働くなど

すぐに仕事があればよいですが

いずれにせよ ショップもない、働き口もない、では

いよいよ古町に若い人がまったく来なくなってしまう状況になりそうです


昨日の新潟日報朝刊でも大きく取り上げられています

IMG_2574



現状、スタバとフィットネスクラブ、高層階に飲食店がいくつか入っているのみで

あとは行政のフロアとビジネステナントが入っているだけ

さみしい限りですね





正直、ワタクシも最近はあまり行っていませんでした

地下にあった書店もわずかな期間で閉店してしまいましたし

以前から問題になっている「新潟大和」の跡地も

お金をかけてきた地下の「西堀ROSA」も

まだまだ活気が足りないというのに その上ラフォーレの撤退

もはや部分的な地域活性化では 何も変わらないと感じます




万代や南イオンに客をとられたから

少子化で若年層が少ないから

そもそも新潟市の人口が減っているから

駐車場がないから

宣伝が足りないから

古町を活性化したいという(強い)意識が市民にないから




要因はいくつもあるのかもしれません

どれも致命的なことです

でもそれはどんな地域でも同じことだと思います




あくまで個人的な考えですが

人を増やす(住む人、観光に来る人すべて)ためには

魅力ある町作りが当然、不可欠だと思います


今から新しく 田んぼの真ん中にいろんな商業施設を作ってやるよりも

歴史があり バスや電車の便の良さがあり すでにいくつかの店や施設がある

古町エリアにテコ入れするほうが よっぽど効率的だと思います

行政の力が足りないのだと思います

だって現に今まで田んぼだったエリアに首都圏のアパレルやお店をひっぱってきて開発しているのは

民間じゃないですか(≡ω≡.)



車でしか行けない場所に 若い人が行くわけありません

今から「地下鉄を市全域に作ります」とか すぐにできることじゃありませんしね

整備には行政の力が必要ですし 地盤の問題もあります

このまま若い人がみんな東京へ出て行ったきり、という状況はどんどん増えていくでしょうね



ワタクシも飲食店経営をはじめたい人を応援したり

不動産業者として少なからずできることはあると思います

今はまだ口だけな状況かもしれませんが

常にその意識を持ってお仕事や活動ができればいいなとつくづく感じました

それでこそ、地元で働いている意味があるってものです





本日はこの辺で~~φ(.. )