熊本を中心とした九州の大地震

TVなどを通してしか その凄惨な状況を把握できませんが

現地の方々は 今この時も いつも通りの生活ができずに苦しんでおられます

本当に痛ましいとしか 言いようがありません




本震と呼ばれる大きな揺れは16日の夜中1時半ごろだったわけですが

その前の14日の夜9時半ごろの余震で

家が倒壊しなかったために避難しなかった もしくは一度家に帰った方が

本震で倒壊した家の下敷きになって 亡くなったケースが多いように見受けられました




しかし その判断を責めるわけにはいかないと思います



日本人の多くは「持家趣向」で その家はとても「高額な資産の1つ」です

失いたくないし 大事だし どんな場所より自分の家が一番、と誰だって思うはずです



耐震補強をちゃんとした家に住んでいれば・・・ 

と考えますが それは結果論でしかありません

実際、本当に現行の耐震基準に準拠している木造家屋なんて

日本全国 ほとんどないのが現状だそうです




http://suumo.jp/journal/2016/02/12/106014/
【9割以上の住宅が「現行の耐震性なし」、木耐協調べ】




耐震工事は平均でも150万ほどかかると言われています

安心、安全はお金ではかれないとはいえ

現実的にすぐに払えるか?と言えば 一般家庭にはキビシイ金額です



http://suumo.jp/journal/2015/09/16/97513/?awasete=1
【耐震補強工事の平均額は約152万円、倒壊する木造住宅の共通点とは】



しかも 古いつくりであればあるほど 費用も大きくなると考えられます

瓦を使った屋根 仕切りの少ない大広間 シロアリなどの被害あう柱・・・

これらはすべて 家の倒壊につながりやすい項目です




国がもっと助成金などを出してくれればいいのに、と感じます

とはいえ、国も何もしていないわけではありません

毎度 大きな地震が起きるたびに 建築基準法などの耐震基準を上げて

倒壊を未然に防ごうと取り組んではいます




http://suumo.jp/journal/2016/03/11/107307/
【地震のたびに強くなってきた耐震基準。旧耐震と新耐震をおさらい】




新耐震の基準は確かにかなり厳しいものですから

新しい建築物は かなり安全なものができていくのでしょう





ですが今度は 人間のいや~な部分が新たな問題を引き起こすんですよね




せっかく新しい厳しい基準の法令を取り入れて

安心安全を作ろうとしているところに 水をさすような出来事が起きる

たとえば 去年起きた「東洋ゴムの免震ゴム偽装」事件

旭化成の杭の事件もそうです

もっと前は 姉歯事件とも言われましたが 「耐震偽装」事件

これらはみな コストを削減しよう=お金を儲けようという 

一般人からみれば 悔しい、何を信じたらいいんだという不信感をあおる

最悪な事件でした





お金と安心、安全ってなんだろう

ってふと考えます

思えば 食べ物だって サービスだって なんだってそれはいつも天秤にかけられています

難しい・・・






今 何もできることはないと思っている人が多いと思いますが

まずは自分、自分の家族だけでも守れるよう

家のこと、保険のこと をきちんと理解して 把握しておくことは

とても大切なことだと思います

みんなが一人ひとりそう思えば みんな生き残れると思います

理論的には!!





マンションにお住まいの方も 賃貸だろうが分譲だろうが

絶対に安全とは限りませんので 今一度確認を!

組合などによっては 食糧備蓄庫などを備えることを検討したり

蓄電したり いろいろ考えられることはできるんです





本日はこの辺でφ(.. )