IMG_2661


今年は台風被害が多い夏でした

まさに今も台風が日本列島を直撃していているようですが

被害にあった方は 本当に大変だったと思います






これだけ国内で被害が出ていたとしても

その対応策や防災意識というのは なかなか全国には浸透しにくいものですね



めったに台風が来ない北海道では 農作物に大きな被害がでるし

めったに雪が降らない都心や西日本では 交通事故などがおこるし

大きな地震や津波に見舞われた県は怖さを知っているけれど

体験していない人々は防災対策ができていない・・・

人間、愚かなもんです

神様はきっと笑ってるのかな なんて思います




こんなコラムを見つけました

http://suumo.jp/journal/2016/06/20/113143/?awasete=1
【1万円台でここまでできる!防災グッズの揃え方】



http://suumo.jp/journal/2016/05/20/111227/
【緊急家族会議!「もしも」のとき、我が家はどうする?】



国土交通省のハザードマップは 参考になります

新潟市にももちろんあります

http://www.city.niigata.lg.jp/kurashi/bosai/kouzui_hinanchizu/




ハザードマップを調べたり 防災対策をとるのは

これから家を購入する場合も 参考になると思います


スーパーが近くにある 平坦な場所だし みんな同じ地区に分譲住宅が建っているから

・・・ということだけで お住まいを決めるのは△です




実際 親戚が大船渡におり 被災しましたが

けがもなく 命に別状はありませんでした

なぜなら 高台に家を建てていたからです

昔 水災被害にあい 近くに商店のある便利な住宅地ではなく

坂のある高台にわざわざ家を建てたからだそうです

家族はあまりいい顔をしなかったようですが

結果的にその選択が家族の命を救ったわけですから

なんとも 不思議なもんですね




防災の点では 近所の人と仲良くするというのも

素晴らしい対策だと 個人的には思います


何かあった時にお互い助け合う

食糧を分け合ったり 怪我の手当をしたり

精神的に励ましあったりするだけでも

命が救われると思います


単身でお住まいの方は よく賃貸で

「隣近所には挨拶に行ったほうがいいのでしょうか?」という質問をされます

行った方がいいことには間違いありません

どうしても時間が合わなかったり 会えなかったりすれば

それは仕方がないとは思いますし 高級なお菓子を持って行かなくてもいいです

少しでもコミュニケーションをとっていれば 

1人では解決できないトラブルも 解決できるかもしれません

そういうのが苦手だな~という人も

短い付き合いだから別にいいや、というのも理解できますが

最初だけ頑張ってみてほしいです









本日はこの辺で~φ(.. )