新潟司商事のblog

私たち新潟司商事(株)は、1968年に生まれた新潟市中央区の歴史ある不動産会社です。 不動産物件の紹介を中心に、役立つ不動産情報や日々のぼやきなどお伝えします!

マメ知識

モデルとなった建物たち


お盆休みがあけ 今日から仕事という方も多いでしょう

あいにくの雨ですが 暑いよりはましかな・・・




暑がりのワタクシは 正直、夏より冬の方がまだマシです。。。

だって 寒いのは服をたくさん着たり ホッカイロつけたり 個人で対応できるけれど

暑いのって 脱いだら それ以上どうしようもないじゃないっ

エアコンは個人的な調節が効かないし!









そして 何より・・・虫に刺されるのが大変不愉快ですっ

なぜか人よりも圧倒的に刺されやすいので 虫よけは必須

それでも ちょっとした露出箇所にやられるので(足の甲とか!)

ウナクールも常に携帯しています・・・






とはいえ・・・お出かけするとなると

冬は雪道は危険ですし 日没も早くて 出かけられない!

やはり夏や秋の紅葉の季節が一番いいんですよね







不動産関連のお仕事をしているということもあり

最近は、建築物にもいろいろと目を向けるようになったので

今年は東京・小金井にある「江戸東京たてもの園」に行きました

きっかけは 某ゴリパラ~TV番組ですが

あの宮崎駿監督の国民的映画の”あるシーン”は

ここが舞台だ!と言われている建物があるそうなのです





IMG_7120

IMG_7121

この施設は 昔の建物をそのまま移設しておいてあるので

広大な敷地に まさに”三丁目の夕日”みたいなレトロな町が広がっているのですが

そのモデルとなった場所は 筆などを売る文具屋さんの建物です

中をのぞくと・・・

IMG_7124

IMG_7123

おおぉ あー そのままやーん って感じじゃないですか

あの、手足がいっぱいのおじいちゃんが薬をこさえていたあのシーン!

たくさんの引き出しが壁いっぱいにあって 黒い毛玉みたいのが千尋の靴持ってくるところ!

「よんでいる~♪」の音楽が頭の中にこだましちゃいますね






実際、宮崎監督も来たことがあると、そのTV番組に出ていた施設の方が言ってました

これ以外にも 幕末のころの建物や

路面電車、銭湯などの古い建物がたくさん展示されていました








また もう一つ趣味でまわっているダムめぐりでも

ロケ地として有名な場所がありました


仮面ライダーえぐぜいど?? で戦闘シーンで撮影に使われたそうです!

それが・・・埼玉・秩父エリアの「下久保ダム」

全国で3基しかない、カド(角)があるダムで

とんでもなく堤体のなが~いダムなのです


IMG_7236

IMG_7239


IMG_7232

他にもいろんなドラマやTV番組などで使われているようで

サインなどもいっぱい展示されていました

あれだけ周りに何もない 直線の道路っていうのもなかなかないのでしょう

撮影で使う爆薬や 大音量も気にしなくていいので

戦隊モノの撮影にはぴったりかもしれないですね!!





昔の木造の古い建物も

現代のコンクリートの巨大建造物も

正反対ですが どちらもとっても魅力的で

人の力ってすごいですね



建築物の魅力は底が知れないです





本日はこの辺で~φ(.. )







管の凍結→断水、お湯出ない、に注意



昨年はこんなに寒くなかったし

こんなに雪が降り続きませんでした

また今降ってきてるし!!

イラァ~~ヽ(#`Д´)ノ


IMG_6211

※これは前回の寒波のときです






大寒波の影響で 道路の混雑はもちろん

雪かきも毎日お疲れ様です

農業関係の方は ビニルハウスが倒壊など 大打撃だと思いますし

建築関係の方 工事も進みませんねぇ








飲食店の方もきっと客足が伸びないでしょうし

水が出ずに 営業すらできないというところも見かけました

運送業も 製造業も みな売上などに大きな影響でしょう








逆にこの大雪で大繁盛?いや、大混乱の業種もありますよね

除雪作業をする業者や住関係の設備業者は対応にてんてこ舞いで

人出が全然足りないそうです










こちら 不動産業者はといいますと

マンションやアパートの水道管の凍結=断水、ガス器具の故障など

もれなく大家さんも、管理業者も大打撃です

この雪では 物件探しも厳しいでしょうし・・・







当方ではマンションの貯水槽ポンプが凍結

さらに屋上に設置していた受水槽も凍結

ダブルパンチでマンション全戸で断水を引き起こしました

原因としては もちろんこのマイナス気温のせいではありますが

いろいろと重なって起きているのもあります


①周辺に(高い)建物が少なく 冷たい風と雪にさらされる

②夜中にだれも水を使わないことで タンクの水位に変化が起きず 凍結


などなど…

自然現象とはいえ みなどこにこの不便さや金銭的打撃のうっ憤を晴らせばいいやらで

こちらも大変切ない思いをいたしました(≧ヘ≦) ムゥ







そこでふと思うのが

「じゃあ 北海道や東北の人たちは 毎年どうしているのだろう?」

という疑問です




答えはカンタン、ちゃんと凍結対策しているから大丈夫なのです

そう考えると 全国ニュースで新潟が大変、みたいなニュースを流されると

「対策甘いな~」と 北国の方からは鼻で笑われているのでしょうね苦笑

ちょっと 恥ずかしい気持ちになりました






東京で雪が5センチ積もっただけで 

ワイドショーが全部その話題になって 電車が止まっていたり

人々が転んでいたりするのを見ると

・・・似たような感覚ですよね





今回の教訓として いろいろと不動産業者としてお伝えできることがありました

マンションよりも 戸建の方の方が大変なので 実践してほしいです


●凍結しそうな日は 水道の蛇口を少しあけて(ぽたぽた落ちる程度)一夜を明かす

●お湯が出ない!となる前に Amazonやホームセンター等で売っている凍結防止の電熱線を購入して設置!

日本電熱 水道凍結防止帯 SH-10 (10m) I.F.Tヒーター給水管・給湯管兼用タイプ 保温テープ付 :KI0070【在庫有り】【あす楽】
日本電熱 水道凍結防止帯 SH-10 (10m) I.F.Tヒーター給水管・給湯管兼用タイプ 保温テープ付 :KI0070【在庫有り】【あす楽】

●・・・というか 凍結予防機能が付いたガス給湯器に取り換える!(勝手に水を流します)

●凍結しちゃった場合は焦らず 溶けるのを待つ(ガス給湯器を無理に使うと 空焚き状態で故障します!)

●非常用に水を用意しておく(生活用水も飲用水も)




最低限 こんなところでしょうか

マンションのように全戸でなってしまった場合はどうしようもないかと思いますが

戸建の方は ご自身以外やってくれる人がいないので 自分でやるしかありません!


IMG_6177




これからも寒波が続きそうですので

自分たちでできる範囲の対策をして しのいでいただきたいです






本日はこの辺で~φ(.. )

2017年の新潟の地価公示



10月ですね

今年もあと3か月です

この時期になると 新聞に必ず出るのが・・・

地価公示!

ばーん 

IMG_6544

19日に発表されました

結局、今年も新潟県としてはマイナスになり

下落の変動率は全国で8番目の低さですから

地方の厳しさを痛感します




ただこれが新潟市となると

昨年とほぼ横ばい状態となり

中央区や江南区など計33か所で上昇地点があったので

低迷の底を打つ兆しが見えるとの見方があるようです




相変わらず新潟市で一番地価が高いのは

「中央区東大通1」


2番が「中央区万代4」ということで

新潟駅前がワンツーをキープしている状況

住宅地では「中央区水道町」「中央区関屋松波町」がワンツーとなっていますが

上昇率でいうと秋葉区さつき野」「江南区荻曽根」などが1、3位となっていて

周辺地域にショッピングセンターなどがある住宅地に人気が出ているのが要因とされています





来年はどうなることやら・・・

万代で仕事をしている身としましては 

いくら地価が一番高いとはいえども 正直 活気があるかといえば

・・・そうでもないな、というのが実情です

県外客や外国人など もっと観光に力を!と個人的には思います




全国の地価を見ても 確かに上昇しているのは

東京や大阪、名古屋、仙台、福岡など 大きな都市ばかりです

ただその中でも石川(金沢)などは 外国人旅行者向けのホテルや観光に力を入れて

地価が上がっている地方都市もあります

工夫次第、ですね






本日はこの辺で~~φ(.. )


家の下に埋まっているものたち



先日 秋葉区の方ですが

土地が売却となり 建物を解体することになりました

長年住んだ家を壊すのは

なかなか勇気がいるようです

ワタクシはマイホームを一から建てたことはないので

まだ気持ちがわからないのですが

こだわった箇所や思い出があればあるほど

もったいない、惜しい、と感じてしまうのかもしれません



ただ客観的には(特に日本は)”築ウン十年”で建物価値がほぼ決まります

売却したい場合は やはり解体して更地にした方が早く、スムーズに売れます

今回もまさにそのいい例でした

解体の費用は 確かに200万~300万位と 高額ではありますが

売却が早期に決まることで

売却金額から解体費用を捻出でき 気持ち的にも早期に整理がついて

維持費(火災保険や固定資産税)やトラブル(放火やいたずら、のびっぱなしの草木など)

もかからずに済む点はメリットが大きいです



IMG_6133

今話題になっている「森友学園」の8億円値引きの問題

地中にゴミが埋まっていて・・・なんて話でしたが

普通の家の下にも 実は結構いろいろ埋まっています

IMG_6132

↑写真のいたるところに配管のようなものがありますが

トイレやお風呂、キッチンの排水などで 地面に張り巡らされていた管です

下水道が整備される前から建っている家などは

浄化槽がまだ埋まったままのところもあります

IMG_6130

立派な木などは 根っ子が奥深くまではっていて

こんな大きな重機を使っても 撤去がとても大変です

しかも かなり繊細な動きをして 撤去しないと

ガス管などに触れれば 爆発事故につながります






なので ガッチャンガッチャンとむやみに壊しているわけでもなく

管の一本一本を あの大きなシャベルでソロ~っとつかんで

ふんわり動かしている作業をしている姿を見て

長年の熟練の技術を感じました

かっこよかったっす!おじさん!





・・・売却のご相談は いつでもどうぞ~

本日はこの辺でφ(.. )


新潟司商事
025-247-4206
n-tukasa@d8.dion.ne.jp






















しばらく放置してすみません



・・・典型的な5月病といったところでしょうか

GWあけてから すっかり更新せずにおりました

気を引き締めていきたいと思います




とはいいつつ

物件紹介をたくさんしたいのは山々ですが

最近 不動産にまつわる『本』なんかを読み漁っておりますので

おもしろかった本を今回 紹介します





いわゆるお金儲け的な投資の本は たくさんあるし

「本当に儲かる不動産投資」とか「騙されない」「損しない」とか

なんだかどれも胡散臭い感じがプンプンします


正直 どれも面白そうじゃないし 

不動産業界に身を置いているものといたしましては

そりゃそうでしょうよ!という内容が 太字で書かれていたり

時間のムダのような気がしてならないです






久しぶりに「え、なにこれ。すごいんですけど」という本を読みました


物件探偵
乾 くるみ
新潮社
2017-02-22



こちらの本はフィクションです(つまり小説です)

ですが とても、とっても!リアル&中身はすべて本物の知識です

そしてワタクシ自身も「こんなことがあるのか!!」と勉強になりました

(あと 不動産売買のあるあるがすご~く詰まっています)





6件の架空の物件を題材に

不動尊子さんという15歳で宅地建物取引士を取得し

不動産の気持ち(寂しいとか嬉しいとか)がわかってしまうという

ちょっとオカルトちっくな変わった主人公をベースに謎を解決していくという

主に不動産売買におけるトラブルや事件を解決するというミステリー小説

設定にフィクション感がモリモリ詰まってはいますが

内容は不動産売買の現状が鮮明に描かれています






要約するのはヘタクソなので こちらをご覧いただければと



ダ・ヴィンチニュース
「詐欺、怪現象、ご近所トラブルを華麗に解決!
イニシエーション・ラブ作者が描く 不動産を巡る短編ミステリー」


https://ddnavi.com/news/375001/a/




1つ目の『田町9分1DKの謎』ですぐに

「え、こんな詐欺があるのか」

と度胆を抜かれました

投資向けのマンション一室(賃貸中)を

インターネットで検索して購入した中山さんのお話

最近、超超超よくある話です




詳しくは読んでもらいたいですが

この方は最終的に1200万円でマンションを購入しますが

400万円も損してしまう詐欺被害にあいました



でも中山さんの落ち度はそれほど大きくありません

最大の落ち度は 物件を直接内覧することなく

条件と利回りをみて 東京都内の(静岡在住で東京住まいではない)物件を買ってしまったことでしょうが

人が住んでいれば 内覧は不可能ですし

今時そういった「オーナーチェンジ」物件はよくあります

むしろ 入居者がいてくれれば 家賃収入が確実にあるわけですから

ラッキーくらいに思うかもしれないです

入居者が退去してしまうリスクも当然理解していましたし

マンション管理費や修繕費、年1回の固定資産税の支出なども考慮していました

それなのに、です




不動尊子さんが唐突に現れたから

詐欺被害が暴かれて 事なきを得ましたが

これが実際に起きたら・・・
おそらく誰も(中山さんも)気づかずにお蔵入りするのではと思います


それほどに巧妙で 恐ろしい内容でした






すべてのお話がそういうヒドイ(笑)お話ではありません

不動尊子さんの存在がフィクションである以外は

不動産購入の流れや賃貸のルール、事故物件や格安物件の謎も含め

あるあるがすごく詰まっている内容でした




最近 日に1件以上は首都圏の不動産業者から

「投資物件はありませんか?利回り10%以上ならすぐ買います!」

みたいな営業電話が当社にも来ます

不動産投資は気軽になってきている風潮も感じますが

検討には信頼できる不動産業者と十分に相談する必要があるかと思います




これからも何度か読み返したいと思います





借りたい人は 司商事まで(笑)

本日はこの辺で~φ(.. )






 











糸魚川の大規模火災に学ぶ火災保険


ここ数日 風がすごく強いですよね

突風というか 歩いていても前に進めないくらいです

ビルやマンションなど高い建物だと

音もスゴイし なんだったらちょっと揺れています

福島では 屋根がとんだり

ソーラーパネルが外れて 下の駐車場の車に直撃したなどという報道もありました

(人には被害がなかったのは幸いですが)

誰のせいでもない自然災害による被害は 

その後どうしたらいいのか 戸惑うと思います






「誰が壊れたものを補償してくれるのか=金銭の負担はどこ?」

これが一番大きな問題でしょうね




昨年末におきた糸魚川の大規模火災のような大惨事のときは

命があるのだから そんなこといいじゃないか!

・・・というのは 一瞬は納得しますが あまりに現実的じゃないですよね

これから生きていくのに 家も車も 大事なのはかわりませんから





そんな時 大事になるのは”損害保険”

家を買う時、借りるときには加入しているかと思います

でも 当然なにもかもを補償してくれるわけではないですし

古い家などの場合 そもそも火災保険をかけていないこともあるかもしれません



現実、糸魚川の火災ではどうだったのか?

同じ新潟県民ですし 具体的な対応についても気になります

業界紙にこんな記事がありました





IMG_5720

日本損害保険協会の発表(2017年1月5日)で

火災保険11億7517万円(67件)、車両保険987万円(13台)が支払われたとのこと

実際にHPも確認しましたが

被害家屋147棟もあったのに 金額は大きく見えますが とても少ない数値だと思いました

車両保険は保険料もUPするので 付帯していない方も結構多いのかと思います



自然災害など 何かあったら保険会社へ連絡するという意識を持つとともに

今一度 保険の内容については家族で確認したほうがよさそうです





また 今回の糸魚川の火災についていえば

もともとの火元はラーメン店でした

「店主の重過失責任」というのも原因の一つです

しかしながら当時は暴風であったということもあり

自然災害の認定を受けているようですが・・・



もしもどこかの家の重過失で 周辺が火の海になったとして

被害者が損害賠償の裁判を訴えでて

さらに勝訴したとしても


何億というお金を 一個人が支払える可能性は極めて低いです

なんなら弁護士費用を被害者が損するだけでおしまいです



会社であれば 営業ができなくなっても従業員の給与や営業できない分の売り上げに影響がでます

なにも悪いことをしていなくても あり得る不幸なので

他人事と無関心にいることはできないと思います




「不運」としか言いようがないとはいえ

備えることは怠らずにおきたいですね

上記の営業補償をする保険もありますし 今はほけんの●●みたいな

見直しをしてくれるお店もありますし

糸魚川の記憶を忘れないようにしたいものです




本日はこの辺で~φ(.. )





トイレが詰まったことありますか



一家に必ずあるお風呂とトイレ、それからキッチン

水回りはいろいろとトラブルがあると 焦ります

使えなくなると死活問題ですから 当たり前です




最近びっくりしたのが『トイレのつまり』のトラブルです

IMG_5637


商業ビルなのですが

なんと スマホが詰まってました

え、持ち主はスルーですか!?なんでそのままなんでしょうか?!

かなり疑問が残りますが苦笑

排水管のかなり奥深くまでいってしまったみたいなので

水没=ジエンドでしょう・・・

落としたその時に言えば なんとかなったかもしれませんのに~






トイレが詰まった経験、ある方けっこういらっしゃると思います

ビルを管理していると 特に商業ビルになれば 不特定多数の人が利用するので

トラブルの確率も増えます


まして 人から見えないし 自分のものではないので

使用の仕方については 「あー・・・」とため息が出るときもあります

飲食店のアルバイト経験などがある方ならば

トイレが大変なケースは1度は経験しているでしょう





トイレットペーパーを大量に流しすぎ

もしくは

水に溶けないものを流してしまった

大きくこの2つが原因に分かれると思います




いわゆる”スッポン(ラバーカップ)”でガバガバして対応するのが一般的かと思いますが

これは水に溶けないもの、特に硬くてそれなりの大きなものには

まったく効果がなく むしろ逆効果になるようです




先のようなスマホもそうですが

時計とか そういったものも 取れなくなってしまうのです



もしも スマホを落としたら・・・どうしても手では取れないのであれば・・・

高価なものですし 個人情報のカタマリみたいなものですから

恥ずかしさ、申し訳なさをグッとこらえて

おとなしく業者を呼ぶことをおすすめします

というか、呼んでください お願いします




このまま放っておけば

先に言ったように いずれ配管が詰まって トイレから水があふれます

流れなくなって もしもビルのような場合であれば

建物すべてのトイレが次々と流れなくなります

こうなると もう大惨事です






家のトイレであっても

やってしまった!となったらば

スマホの場合であれば ゴム手袋などをして

とにかく奥まで手を突っ込んでとる!

これに限ります

原因が明白でない場合は スッポンを使って試すのも一つかとは思います



また 止水栓の場所がわかるようでしたら 

念のためマイナスドライバーなどで締めてから作業をした方が 安全かもしれません




だめだ、とれない

・・・となればすぐに業者に連絡するのが 被害を最小限にとどめられます

多少、お金はかかるかもしれませんが

だいたい5,000円くらいでできるのではないでしょうか

24時間365日対応をウリにしているところも多いので

ググってみてはいかがかなと思います


↓ 対処法の記事は探せばいっぱいでてきます

http://0120656889.net/toilet/toilet14/





トイレでスマホ落とさないように 気を付けましょう!





本日はこの辺で~φ(.. )





ギャラリー
  • モデルとなった建物たち
  • モデルとなった建物たち
  • モデルとなった建物たち
  • モデルとなった建物たち
  • モデルとなった建物たち
  • モデルとなった建物たち
  • モデルとなった建物たち
  • ご無沙汰リニューアル
  • ご無沙汰リニューアル