新潟司商事のblog

私たち新潟司商事(株)は、1968年に生まれた新潟市中央区の歴史ある不動産会社です。 不動産物件の紹介を中心に、役立つ不動産情報や日々のぼやきなどお伝えします!

マメ知識

糸魚川の大規模火災に学ぶ火災保険


ここ数日 風がすごく強いですよね

突風というか 歩いていても前に進めないくらいです

ビルやマンションなど高い建物だと

音もスゴイし なんだったらちょっと揺れています

福島では 屋根がとんだり

ソーラーパネルが外れて 下の駐車場の車に直撃したなどという報道もありました

(人には被害がなかったのは幸いですが)

誰のせいでもない自然災害による被害は 

その後どうしたらいいのか 戸惑うと思います






「誰が壊れたものを補償してくれるのか=金銭の負担はどこ?」

これが一番大きな問題でしょうね




昨年末におきた糸魚川の大規模火災のような大惨事のときは

命があるのだから そんなこといいじゃないか!

・・・というのは 一瞬は納得しますが あまりに現実的じゃないですよね

これから生きていくのに 家も車も 大事なのはかわりませんから





そんな時 大事になるのは”損害保険”

家を買う時、借りるときには加入しているかと思います

でも 当然なにもかもを補償してくれるわけではないですし

古い家などの場合 そもそも火災保険をかけていないこともあるかもしれません



現実、糸魚川の火災ではどうだったのか?

同じ新潟県民ですし 具体的な対応についても気になります

業界紙にこんな記事がありました





IMG_5720

日本損害保険協会の発表(2017年1月5日)で

火災保険11億7517万円(67件)、車両保険987万円(13台)が支払われたとのこと

実際にHPも確認しましたが

被害家屋147棟もあったのに 金額は大きく見えますが とても少ない数値だと思いました

車両保険は保険料もUPするので 付帯していない方も結構多いのかと思います



自然災害など 何かあったら保険会社へ連絡するという意識を持つとともに

今一度 保険の内容については家族で確認したほうがよさそうです





また 今回の糸魚川の火災についていえば

もともとの火元はラーメン店でした

「店主の重過失責任」というのも原因の一つです

しかしながら当時は暴風であったということもあり

自然災害の認定を受けているようですが・・・



もしもどこかの家の重過失で 周辺が火の海になったとして

被害者が損害賠償の裁判を訴えでて

さらに勝訴したとしても


何億というお金を 一個人が支払える可能性は極めて低いです

なんなら弁護士費用を被害者が損するだけでおしまいです



会社であれば 営業ができなくなっても従業員の給与や営業できない分の売り上げに影響がでます

なにも悪いことをしていなくても あり得る不幸なので

他人事と無関心にいることはできないと思います




「不運」としか言いようがないとはいえ

備えることは怠らずにおきたいですね

上記の営業補償をする保険もありますし 今はほけんの●●みたいな

見直しをしてくれるお店もありますし

糸魚川の記憶を忘れないようにしたいものです




本日はこの辺で~φ(.. )





トイレが詰まったことありますか



一家に必ずあるお風呂とトイレ、それからキッチン

水回りはいろいろとトラブルがあると 焦ります

使えなくなると死活問題ですから 当たり前です




最近びっくりしたのが『トイレのつまり』のトラブルです

IMG_5637


商業ビルなのですが

なんと スマホが詰まってました

え、持ち主はスルーですか!?なんでそのままなんでしょうか?!

かなり疑問が残りますが苦笑

排水管のかなり奥深くまでいってしまったみたいなので

水没=ジエンドでしょう・・・

落としたその時に言えば なんとかなったかもしれませんのに~






トイレが詰まった経験、ある方けっこういらっしゃると思います

ビルを管理していると 特に商業ビルになれば 不特定多数の人が利用するので

トラブルの確率も増えます


まして 人から見えないし 自分のものではないので

使用の仕方については 「あー・・・」とため息が出るときもあります

飲食店のアルバイト経験などがある方ならば

トイレが大変なケースは1度は経験しているでしょう





トイレットペーパーを大量に流しすぎ

もしくは

水に溶けないものを流してしまった

大きくこの2つが原因に分かれると思います




いわゆる”スッポン(ラバーカップ)”でガバガバして対応するのが一般的かと思いますが

これは水に溶けないもの、特に硬くてそれなりの大きなものには

まったく効果がなく むしろ逆効果になるようです




先のようなスマホもそうですが

時計とか そういったものも 取れなくなってしまうのです



もしも スマホを落としたら・・・どうしても手では取れないのであれば・・・

高価なものですし 個人情報のカタマリみたいなものですから

恥ずかしさ、申し訳なさをグッとこらえて

おとなしく業者を呼ぶことをおすすめします

というか、呼んでください お願いします




このまま放っておけば

先に言ったように いずれ配管が詰まって トイレから水があふれます

流れなくなって もしもビルのような場合であれば

建物すべてのトイレが次々と流れなくなります

こうなると もう大惨事です






家のトイレであっても

やってしまった!となったらば

スマホの場合であれば ゴム手袋などをして

とにかく奥まで手を突っ込んでとる!

これに限ります

原因が明白でない場合は スッポンを使って試すのも一つかとは思います



また 止水栓の場所がわかるようでしたら 

念のためマイナスドライバーなどで締めてから作業をした方が 安全かもしれません




だめだ、とれない

・・・となればすぐに業者に連絡するのが 被害を最小限にとどめられます

多少、お金はかかるかもしれませんが

だいたい5,000円くらいでできるのではないでしょうか

24時間365日対応をウリにしているところも多いので

ググってみてはいかがかなと思います


↓ 対処法の記事は探せばいっぱいでてきます

http://0120656889.net/toilet/toilet14/





トイレでスマホ落とさないように 気を付けましょう!





本日はこの辺で~φ(.. )





小ぶりですが(関屋大川前売地)

IMG_5482


よく何坪とか、何㎡とか、畳何帖とか

土地や建物の広さを表現するのにさまざまな単位がありますが

「だから結局どれくらい??」というのが 一般的には理解し辛いですよね

だからTVなどでは「東京ドーム●個分」と表現したりしますが

実際にマイホームを検討する場合 さすがに単位を理解していないと

イメージと違うお家になってしまうかもしれません





単に「3LDK」という間取りのお家といえば

100坪の家でも30坪の家でも どちらでも可能です

部屋が3つあって リビングがあればそれは”3LDK”ですから

当たり前ですね

ですから 大きさの単位を具体的にイメージしておく必要があると思います




基本的には

1坪=3.30578㎡=2帖

という換算をします

ちなみに 車1台は約3坪分のスペースと計算します

2台停めれば 単純に6坪…とはいかない場合もありますが
(出入りを考慮しなければならない為)


そう考えると 20坪くらいの土地でも

車のスペースを差し引いたとしても

小さい敷地でも 広い家は可能ですよね

10坪=畳20帖ですから

3階建てになれば 単純に3倍の広さ

3LDKだってできちゃうんです

IMG_5487

こちらは関屋大川前の20坪強の土地です

当社で管理しております
(後ろのお家は関係ありませんよー手前の更地の方です)

私立第一中学校と第一高校の並び

歩いてすぐの場所です

バス停も近いですし 関屋駅もほぼほぼ一直線です



最近なくなってしまった お花屋さんフレンズの道はさんで向かい

大通りのすぐわきの小道を入ってすぐです




お値段もお手頃価格!

小さい分 お安くしております

https://suumo.jp/jj/bukken/shosai/JJ012FD010/?ar=040&bs=030&nc=87380080



関屋という立地は まだまだ人気の場所です

近くには原信 関屋店、ヤマダ電機もありますし

是非お問い合わせください!!



新潟司商事
n-tukasa@d8.dion.ne.jp
025-247-4206




本日はこの辺で~φ(.. )





2017年トレンドは「リビ充」らしい

IMG_4065


昨年2016年は「金」という字が1年の象徴となりました

いろんな流行語もでましたし

PPAPとか 逃げ恥とか 昨年末に起きたことはまだまだ印象が強いですね




住宅、不動産業界的には「民泊」なんかも話題になりました

インスペクション(中古物件などの売買における、建物調査や土地の地盤調査などのことです)

なんてワードも 一般的になってきました




2017年 こんな言葉が出てくる!

・・・という予想をSUUMOを運営するリクルートさんが発表しました


その名も・・・「リビ充」

使い方としては

「あそこんちの家、リビ充だよね~」

的な

あるいは・・・「リビ充家族だよね~」

的な(笑)


2017年住まいのトレンドキーワード、「リビ充家族」って?



http://suumo.jp/journal/2016/12/21/123078/



要するにリビングが充実しているという意味だそうですが

充実しているというのは具体的に 広さだけではなく

使い勝手や 家族それぞれに合った場所ということも含まれるようです





自分一人だけの部屋があるのが憧れだったり

趣味に集中できて落ち着けたりする という人が多かったと思いますが

最近は違うようですね~

家族とのコミュニケーションを大切にする、という傾向なのだそうです




言われてみれば 学生時代に勉強をするときって

個人の部屋ではなく 敢えて人が多い図書館やファミレスなんかでやったりしました


そばに人がいる、という安心感?

見られていると頑張れる感?

・・・なんとなく「リビ充」がトレンドになる理由がわかります



当社管理の西区坂井東6 メゾン・トーラスⅡには

2LDKで キッチンからリビングを見渡せるお部屋が1室空いております

SUUMOでぜひチェックしてみてください↓

https://suumo.jp/chintai/niigata/sc_niigatashinishi/bc_100049822428/

まさしくリビ充、なお部屋かと思います




新潟司商事
025-247-4206
n-tukasa@d8.dion.ne.jp




お気軽にお問い合わせください

本日はこの辺で~φ(.. )


物件情報の読み解き方

IMG_5264

師走ですね

新潟はそんなに寒いってわけでもないですが

4時半くらいにはもう 外はくら~~いです




12月って散財しやすい月ですよね

なんとなく「年末までに・・・」という気持ちが出てきて

そんなところに セールとか 売り尽くしとか

魅力的な文言が目に飛び込んでくるので

まとめ買いしてしまったり 大きな買い物をしてしまったりします



冷静さを失って浮足立ってしまうと

取り返しのつかないミスを犯すかもしれません

ほぼ 自分に言い聞かせているような感じですが・・・








さてさて

この 暮れ~正月休みの間に 

お家を買おうかな、もしくは

使っていないあそこの土地どうしようかな、など

家族親戚で話題になる場面も多いと思います





「西区の●●町は いくらくらいで土地が買えるのだろう」

「私の家は南区だが 売れるとしたらいくらくらいだろう」

「中央区の△△マンションは憧れだけど 空いているのかな」






そんな時に 新聞折り込みで

ぶわーっと土地や中古マンション、リフォーム住宅などの一覧が掲載されているチラシが

ここぞのタイミングで折込が入って 目に飛び込んでくるわけですねぇ

IMG_5264

たとえば『とけん情報』『ハウジング速報』『ハウソク』などなど

たくさん載っているけれど

とにかく細かい!文字が小さい!読むだけで疲れる!

(仕方ないんです 載せなければならない情報は法律で決まっていて

誇大広告や詐欺を防いで 皆様を守るためでもあるので)

だいたい金曜日に どこかの会社のものが入っています

(土日に集客を見込んでいる、ってわけですね)






ざっと見て 気になる物件を探して 片っ端から電話して内覧すれば

それはきっといい物件が見つかるかもしれませんが

お仕事をしている方も多いですし そんなに時間をかけられません

一日かけても 見れて4~5件ではないでしょうか

これらのチラシには 1枚で200件くらい情報が載ってますし

とてもおっつかないです

その間に 他のお客さんがタッチの差で決めてしまうことも 当然あります



こまか~い広告枠の中でも

情報を的確に見て取れれば

自分に合った条件が絞り込めるので

効率的に 早く見つけられます






①場所

②価格

③大きさ
(土地や戸建なら坪数、マンションなら間取り(3LDKなど))




この3つは大体 目立つようになっているので

頑張らなくてもすぐわかると思います



そのあとに絞り込むべきは 土地建物とマンションで分けられるかと思います

【土地・戸建の場合】
道路付=前面道路の幅員や方角 に注目!


残念ながら すべての業者が記載しているわけではありませんので

書いていない場合は あまりよい地形ではないかもしれません

書いてある会社の方が なんとなく安心できます

道路は6mくらいあるといいですね(車の出し入れがしやすい方がいい!)

方角も南~東が理想的です(家が暗いのはいやですよね)

道路だけは後からどうにもなりません!

内装や家の形は お金はかかるかもしれないですが 後からなんとでもできます



また 市が管轄しているのか それとも私道なのかも重要です

市道であれば 金銭がかかることはないですが

私道の場合は 分担金などの負担があるかもしれません

除雪なども市道はタダで 比較的早くやってもらえます

(時々、開発道路など みなさんには聞きなれない表示がしてある場合もあるので

不動産会社さんに聞いてみる必要があります)



【マンションの場合】
管理費・修繕積立費・駐車料に注意!


マンションは立地が優れているので

道路や方角などは 戸建では考えられないほど好条件になるのがほとんどです

そうなると 気になるのは 毎月の費用

管理費や修繕積立費用はマンションのルールで決まっていますから

滞納なんてもってのほか

また 立地が良いがために 駐車場がない場合も結構あります

敷地内にあったとしても 別料金がほとんどですので

記載がない場合は きちんと確認したほうがよさそうです

細かいところで 自転車にもお金を取るところもありますし

別途町内費がかかる自治体もあります

”ローン返済+管理費等=毎月の出費”になるので

シュミレーションが必要ですね





理解できると 眺めているだけで結構おもしろいですよ、物件チラシ

売りたい場合でも 相場を見ることができますし

不動産業者に相談するときにも とても参考になると思います




本日はこの辺で~~φ(.. )







海抜(かいばつ)を知っていると役立つこと


先日も明け方に地震があり

津波警報も出ました

新潟市内でも震度3くらいだったと思いますが

揺れが長かったように思います






地震そのものよりも 津波が恐ろしいというのを

東日本大震災で学んだと思います







海の近くに家を建てれば

高波にのまれてしまうんじゃないか・・・という想像は容易にできると思いますが

土地が低いところ いわゆる海抜が低いところは

実は市内たくさんあるんです





新潟市のHPにも 防災項目の一つとして

新潟市の「地盤高図(標高図)」が一般に公開されています

https://www.city.niigata.lg.jp/kurashi/bosai/index_jijo/zibanndaka.html







色が赤くなればなるほど 標高(海抜)が高く

青いほど 標高(海抜)が低いという図です


ちなみに

標高と海抜は厳密にいうと意味合いが違うのですが

ほぼ同意、ということで新潟市でも標高図を海抜の意味合いで記載していますネ





【中央区】
https://www.city.niigata.lg.jp/kurashi/bosai/index_jijo/kakuku_jibandaka/chuozibanndaka.html

【西区】
https://www.city.niigata.lg.jp/kurashi/bosai/index_jijo/kakuku_jibandaka/nishizibanndaka.html

【東区】
https://www.city.niigata.lg.jp/kurashi/bosai/index_jijo/kakuku_jibandaka/higashizibanndaka.html





これを見ると

海の近くの方が 標高が高いという現象が起きてます

昔から 地盤がしっかりしている地域というところが

先に開発されていき(町ができていき)

ブルーになっている地域が今 少しずつ開発されているということですね






今 ご自宅がどのカラーのエリアにいるか

チェックしてみてください

「ブルーだわ・・・」という方は

避難場所や避難グッズを確認しておくことが まず身のためになるかと思います





これからマイホームを検討する方

是非”地盤”にも目を向けていただきたい!





周辺の施設も生活には大事なことですが

今は車社会でもあります

インターネットでなんでも購入できますし

多少 不便さをとっても

大雨でも浸水しない 津波も怖くない という高台を選ぶことも

家族の安全を守る 一つの手段です






例えば今 開発が進んで 商業施設も整っている 中央区女池エリア

さきほどの図を見ると 真っ青です・・・


東区の大夫浜あたりは 

”浜”とつく地名にも関わらず 赤くなっています


西区の新潟大学周辺は赤いですね

やはりいい立地に国立大学が建っています





最近では ここは海抜●m

という看板が多くみられるようになりました

避難ビルなどの表示も わかりやすいですよね


tunami


起きてみないと どれほどの差があるかはわからないのが難点ですが

『地盤の強い場所 高台の場所』 

いい土地というのは そういう場所を言うことを

是非知っておいていただきたいです

もちろん ご自身が幸せな家庭を築いて そこで生活できれば

いい場所であることは 間違いないのですが!(なんて元も子もない)




本日はこの辺で~φ(.. )





防災グッズと近所挨拶

IMG_2661


今年は台風被害が多い夏でした

まさに今も台風が日本列島を直撃していているようですが

被害にあった方は 本当に大変だったと思います






これだけ国内で被害が出ていたとしても

その対応策や防災意識というのは なかなか全国には浸透しにくいものですね



めったに台風が来ない北海道では 農作物に大きな被害がでるし

めったに雪が降らない都心や西日本では 交通事故などがおこるし

大きな地震や津波に見舞われた県は怖さを知っているけれど

体験していない人々は防災対策ができていない・・・

人間、愚かなもんです

神様はきっと笑ってるのかな なんて思います




こんなコラムを見つけました

http://suumo.jp/journal/2016/06/20/113143/?awasete=1
【1万円台でここまでできる!防災グッズの揃え方】



http://suumo.jp/journal/2016/05/20/111227/
【緊急家族会議!「もしも」のとき、我が家はどうする?】



国土交通省のハザードマップは 参考になります

新潟市にももちろんあります

http://www.city.niigata.lg.jp/kurashi/bosai/kouzui_hinanchizu/




ハザードマップを調べたり 防災対策をとるのは

これから家を購入する場合も 参考になると思います


スーパーが近くにある 平坦な場所だし みんな同じ地区に分譲住宅が建っているから

・・・ということだけで お住まいを決めるのは△です




実際 親戚が大船渡におり 被災しましたが

けがもなく 命に別状はありませんでした

なぜなら 高台に家を建てていたからです

昔 水災被害にあい 近くに商店のある便利な住宅地ではなく

坂のある高台にわざわざ家を建てたからだそうです

家族はあまりいい顔をしなかったようですが

結果的にその選択が家族の命を救ったわけですから

なんとも 不思議なもんですね




防災の点では 近所の人と仲良くするというのも

素晴らしい対策だと 個人的には思います


何かあった時にお互い助け合う

食糧を分け合ったり 怪我の手当をしたり

精神的に励ましあったりするだけでも

命が救われると思います


単身でお住まいの方は よく賃貸で

「隣近所には挨拶に行ったほうがいいのでしょうか?」という質問をされます

行った方がいいことには間違いありません

どうしても時間が合わなかったり 会えなかったりすれば

それは仕方がないとは思いますし 高級なお菓子を持って行かなくてもいいです

少しでもコミュニケーションをとっていれば 

1人では解決できないトラブルも 解決できるかもしれません

そういうのが苦手だな~という人も

短い付き合いだから別にいいや、というのも理解できますが

最初だけ頑張ってみてほしいです









本日はこの辺で~φ(.. )










ギャラリー
  • さっと済ませる、昼ごはん【カレーとそばうどん 喜多朗】
  • さっと済ませる、昼ごはん【カレーとそばうどん 喜多朗】
  • 不動産のマンガその1:プリンセスメゾン
  • 不動産のマンガその1:プリンセスメゾン
  • 2019年は吉
  • 2019年は吉
  • 目の前に日本海側最大級のホテルが!
  • 白山 野上製パン店本日OPEN♪
  • 白山 野上製パン店本日OPEN♪