新年度を迎えて 新生活・入学・就職などなど・・・

華やかな面もある一方で

いろいろな物価の値上げが続いたり

しれっと「子育て世帯臨時特例給付金」などが1万円→3000円に減額されていたり

なんだかなぁ~~という感じですよね



不動産業界でいうなれば大きく変わったのが

宅地建物取引主任者の名称変更です

昨年6月に法案が成立し↓

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/186/meisai/m18605186026.htm

4月1日から適用となりました

これからは『宅地建物取引士』となりました

これから宅建の試験を受ける方には多少影響あるかもしれないですね↓

http://manabiz.jp/takken/knowledge01-01.html

ウィキペディアもちゃんと改正されてました(笑)↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%85%E5%9C%B0%E5%BB%BA%E7%89%A9%E5%8F%96%E5%BC%95%E5%A3%AB


試験の内容や不動産業者の仕事内容に何か大きな変化があるかと言えば

正直何もかわりません(笑)

ただ、取引士の地位の向上やコンプライアンス強化を

国を絡めてやっていきたい、というのが大きな目的なのだと思います

「士業」になればまぁ確かに、恰好はいいですよね



個人的には特に意見はないですが

専門職としての意識が薄い業種でもあり

業種への世間のイメージがそこまでいいとは言えないことを考えれば

多少はプラスになればいいなと思います



本日はこの辺で~~φ(.. )