先日も明け方に地震があり

津波警報も出ました

新潟市内でも震度3くらいだったと思いますが

揺れが長かったように思います






地震そのものよりも 津波が恐ろしいというのを

東日本大震災で学んだと思います







海の近くに家を建てれば

高波にのまれてしまうんじゃないか・・・という想像は容易にできると思いますが

土地が低いところ いわゆる海抜が低いところは

実は市内たくさんあるんです





新潟市のHPにも 防災項目の一つとして

新潟市の「地盤高図(標高図)」が一般に公開されています

https://www.city.niigata.lg.jp/kurashi/bosai/index_jijo/zibanndaka.html







色が赤くなればなるほど 標高(海抜)が高く

青いほど 標高(海抜)が低いという図です


ちなみに

標高と海抜は厳密にいうと意味合いが違うのですが

ほぼ同意、ということで新潟市でも標高図を海抜の意味合いで記載していますネ





【中央区】
https://www.city.niigata.lg.jp/kurashi/bosai/index_jijo/kakuku_jibandaka/chuozibanndaka.html

【西区】
https://www.city.niigata.lg.jp/kurashi/bosai/index_jijo/kakuku_jibandaka/nishizibanndaka.html

【東区】
https://www.city.niigata.lg.jp/kurashi/bosai/index_jijo/kakuku_jibandaka/higashizibanndaka.html





これを見ると

海の近くの方が 標高が高いという現象が起きてます

昔から 地盤がしっかりしている地域というところが

先に開発されていき(町ができていき)

ブルーになっている地域が今 少しずつ開発されているということですね






今 ご自宅がどのカラーのエリアにいるか

チェックしてみてください

「ブルーだわ・・・」という方は

避難場所や避難グッズを確認しておくことが まず身のためになるかと思います





これからマイホームを検討する方

是非”地盤”にも目を向けていただきたい!





周辺の施設も生活には大事なことですが

今は車社会でもあります

インターネットでなんでも購入できますし

多少 不便さをとっても

大雨でも浸水しない 津波も怖くない という高台を選ぶことも

家族の安全を守る 一つの手段です






例えば今 開発が進んで 商業施設も整っている 中央区女池エリア

さきほどの図を見ると 真っ青です・・・


東区の大夫浜あたりは 

”浜”とつく地名にも関わらず 赤くなっています


西区の新潟大学周辺は赤いですね

やはりいい立地に国立大学が建っています





最近では ここは海抜●m

という看板が多くみられるようになりました

避難ビルなどの表示も わかりやすいですよね


tunami


起きてみないと どれほどの差があるかはわからないのが難点ですが

『地盤の強い場所 高台の場所』 

いい土地というのは そういう場所を言うことを

是非知っておいていただきたいです

もちろん ご自身が幸せな家庭を築いて そこで生活できれば

いい場所であることは 間違いないのですが!(なんて元も子もない)




本日はこの辺で~φ(.. )