新潟司商事のblog

私たち新潟司商事(株)は、1968年に生まれた新潟市中央区の歴史ある不動産会社です。 不動産物件の紹介を中心に、役立つ不動産情報や日々のぼやきなどお伝えします!

宅建

(14)です



GWが終わってしまいました

週明けは皆様お仕事でお忙しかったのではないでしょうか

不動産物件についても やはり休みあけは動きがありますね

家族と話し合ったりする時間があったことで

休み明けに動き出そう、と考えている人が多いんだと思います



当社も良い意味で 変わらずにお仕事させていただいておりますが

4月20日をもって 宅建免許の更新に伴い

『新潟県知事免許(14)第579号』となりました

※HP等変わっていないところは順次変えていきますのでご勘弁ください…



何が変わったのかと言いますと

カッコの中の数字が13から14になりました

このかっこの中の数字は 免許を更新した回数を表しています

要するに当社は14回、これまでに免許を更新しました、ということです




免許の更新は5年ごとになります

単純に計算したら 当社は5×14=創業70年

になってしまうのですが これは違います



平成8年以前は3年更新だったので

それよりも前に創業している不動産業者は少しイレギュラーな数字になってしまうのです

なので 当社は今年で正式には創業48年です




正確な営業年数は()では出せませんが

確実に言えることは ()の中の数字が大きければ

業界歴が長い、
ということです





免許更新には様々な書類の提出、費用等がかかります

事務所の写真もかなりたくさん撮って 面倒でした~~

どんな会社 業種でもそうかもしれませんが

営業するにはいろいろと資格が必要なわけですね

不動産を持っているだけで収入が得られるなんて

うらやましい~と思っている方もいるかもしれませんが

”業”としてやっている以上は いろいろと規制やルール

納めなければならない費用など 実はたくさんあるわけです

そんなわけで 本日も元気に営業しております
(もう夕方ですが)




不動産業っていうと アパートやマンションの賃貸業務のイメージしか定着していないようですが

他にもあるよ!ということを いろいろとこのブログでも紹介できたらなと

あらためて思います





本日はこの辺で~φ(.. )

主任者⇒宅地建物取引士になりました



新年度を迎えて 新生活・入学・就職などなど・・・

華やかな面もある一方で

いろいろな物価の値上げが続いたり

しれっと「子育て世帯臨時特例給付金」などが1万円→3000円に減額されていたり

なんだかなぁ~~という感じですよね



不動産業界でいうなれば大きく変わったのが

宅地建物取引主任者の名称変更です

昨年6月に法案が成立し↓

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/186/meisai/m18605186026.htm

4月1日から適用となりました

これからは『宅地建物取引士』となりました

これから宅建の試験を受ける方には多少影響あるかもしれないですね↓

http://manabiz.jp/takken/knowledge01-01.html

ウィキペディアもちゃんと改正されてました(笑)↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%85%E5%9C%B0%E5%BB%BA%E7%89%A9%E5%8F%96%E5%BC%95%E5%A3%AB


試験の内容や不動産業者の仕事内容に何か大きな変化があるかと言えば

正直何もかわりません(笑)

ただ、取引士の地位の向上やコンプライアンス強化を

国を絡めてやっていきたい、というのが大きな目的なのだと思います

「士業」になればまぁ確かに、恰好はいいですよね



個人的には特に意見はないですが

専門職としての意識が薄い業種でもあり

業種への世間のイメージがそこまでいいとは言えないことを考えれば

多少はプラスになればいいなと思います



本日はこの辺で~~φ(.. )
ギャラリー
  • さっと済ませる、昼ごはん【カレーとそばうどん 喜多朗】
  • さっと済ませる、昼ごはん【カレーとそばうどん 喜多朗】
  • 不動産のマンガその1:プリンセスメゾン
  • 不動産のマンガその1:プリンセスメゾン
  • 2019年は吉
  • 2019年は吉
  • 目の前に日本海側最大級のホテルが!
  • 白山 野上製パン店本日OPEN♪
  • 白山 野上製パン店本日OPEN♪